幅1.5mのプライベート空間へリフォーム | 施工事例 | 風知蒼

幅1.5mのプライベート空間へリフォーム

No. 1094

細長いお庭の目隠しフェンス&タイルデッキリフォームの事例紹介です。

元々はシラカシ(かなり大きくなる)の目隠しと芝生で構成されたスペースでした。シラカシが大きく場所を取りすぎているのと、リビング窓から通りの人と目が合ってしまうため、もう少しプライバシーを保てて、快適に使えるお庭へリフォームしたいとのご依頼でした。

既存の土留めブロックへ塗り壁とウッドフェンスを組み合わせた目隠しを施し、お庭内はタイル張りのテラスとウッドベンチを組み合わせたスペースへと変更いたしました。

シラカシの葉張りでデッドスペースとなっていた部分をテラスとして活用できるようになり、目隠し効果が上がったにも関わらず明るさもアップし、快適なスペースへと変更することができました。

狭小地や細長い土地など、一見使いづらいお庭でも、デザインによって大きく機能を改善することができる場合があります。ぜひお気軽にご相談ください。

(横浜市 新築外構工事より)
目隠しのウッドフェンスと塗り壁 塗り壁とウッドフェンスを組み合わせることで、コントラストのある明るい目隠しができました。
施工前の写真 施工前の写真。シラカシが大きく育ち、人が通りづらくなっています。
別角度からの目隠しのウッドフェンスと塗り壁 反対側からの見た写真です。
乱形石張り・ウッドベンチとタイルデッキ 手前は自然乱形石の石張り、元々あったコンクリート製たたきは石張りとウッド張りのベンチへと変貌しました。
タイルデッキとシンボルツリー 元々あったシンボルツリー(シマトネリコ)は残し、ライトアップを追加しました。
一段高さを上げたタイルデッキ 薄ベージュ色の上品なタイルデッキとウッドベンチ
壁へ埋め込んだ水栓蛇口 元々既成の立水栓がありましたが、追加した壁へ埋め込み、ビンテージ風の蛇口を取り付けました。
タイル張りのプライベート空間 タイル張りのプライベート空間