柊(ヒイラギ)の白いお花 | ジャーナル | 風知蒼

柊(ヒイラギ)の白いお花

庭先でよく見かける柊(ヒイラギ)に白いお花が咲いているのを見つけました。

常緑樹なので、年中見かけることができますが、それ故にトゲトゲした濃い緑色の葉のイメージが強かっただけに、可憐な白いかわいいお花にギャップがあります!!

お花のカタチがキンモクセイの白くしたようなカタチだな~と思っていたら、調べてるると柊もモクセイ科モクセイ属ということで、近い種類だったようです。

いい香りもするので見かけたら、ぜひ匂ってみて下さい。
その際、葉のトゲトゲにはくれぐれもご注意を。

柊(ヒイラギ)の花言葉 「用心深さ」「先見の明」「保護」

白い丸い花びらから、淡い黄色の雄しべが飛び出していて、これまたかわいいですね。
11月頃から春にかけて花が咲くようです。