夏の到来 サルスベリの花 | ジャーナル | 風知蒼

夏の到来 サルスベリの花

サルスベリの花が咲き始めました。いよいよ本格的な夏の到来を感じます。

サルスベリはミソハギ科の落葉中低木で
昔から日本の庭木としてよく使われている、夏花の代表樹です。

その名の通り、サルも滑るようなつるつるした幹肌が特徴的で、趣があります。
サルスベリのように幹にも観賞価値がある樹種は「幹もの」なんて呼ばれたりします。
その他の幹ものにはシャラや梅などがあります。

幹だけではなくもちろんお花も大変美しく、7月から10月頃までの比較的長い期間楽しむことができます。
一般的に流通している花色は、ピンク、赤、白、紫の4色かと思いますが、
この記事に乗せている写真のサルスベリは比較的流通の少ない紫色の花を咲かせています。

お花が終わったら、種づくりに栄養を持っていかれないように、花殻を摘みましょう。 1 1 1