神秘的な皆既月食 | ジャーナル | 風知蒼

神秘的な皆既月食

2018年1月31日、3年ぶりに日本全国で、たいへん条件のよい皆既月食が起こります。

皆既月食とは、「太陽-地球-月」と一直線に並んだ状態で、太陽の光によってできた地球の影に月が入り、
欠けたようにみえる現象のことです。

20時48分に月は欠け始め、21時51分には完全に欠けて、皆既食となります。

皆既食中の月は、真っ暗になって見えなくなるわけではなく、オレンジ色や赤銅色、または赤黒い色などに変化し、

なんとも言えない美しく神秘的な色になります。

色や明るさは毎回異なりますので、今年はどんな表情が見られるか楽しみですね♪

皆既食が1時間17分続いた後、23時8分には輝きが戻り始め、真夜中を過ぎた0時12分に元の丸い形となります。

空気が澄んだ冬だからこそきれいに見えるでしょう。

夜は冷えますが、防寒対策をしっかりして、普段見ることのない色になる月の観察をするのはいかがでしょうか。 1 皆既月食 1 1