夏のガーデニングおススメ草花vol.2  宿根あさがお | ジャーナル | 風知蒼

夏のガーデニングおススメ草花vol.2  宿根あさがお

夏といえば、朝顔!
今回おススメしたいのは、ヒルガオ科さつまいも属の宿根(しゅくこん)あさがおです。

宿根あさがおはグリーンカーテンとしてネットやトレリス、フェンスなどに這わせれば、夏の日差し避けに最適な植物です!
太陽が大好きな宿根あさがおは、その特徴的なハート型の葉を目一杯に広げ、日光を浴びながら元気よく緑を茂らせます。
宿根あさがおのグリーンカーテンはとっても魅力的!
一般的な朝顔と同じく、時間帯で色が変化していくので、朝から夕方にかけてグラデーションの様に全体がカラーチェンジしていきます。

宿根あさがおが一般的な朝顔と大きく異なる点は、種をつけないということ。
多年生植物なので株に力があり、手入れをすれば数年に渡って咲かせる事が可能です。
水を丹念にあげ、風通しが良く、日光をいっぱい浴びれる場所に置いておけば◎!
ガーデニング初心者でも育てるのは難しくありません。

開花時期は一般的に7月から11月で、最も美しく花をつけるのは10月上旬です。
お庭に一年草と多年草を取り入れて、順番に花が咲くようにプランニングするのも楽しいですね。

“宿根あさがお”花言葉は【愛情の絆】 1 宿根あさがお「ケープタウンスカイ」は朝から夕方にかけて淡い水色から淡いピンク色に変化 1 日陰のケープタウンスカイ 1 時間帯で色の違うケープタウンブルー